読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカンス駆動開発

この前バカンスって言ったら「古っ」って言われました

XdebugをLinux(CentOS6)に入れる。初期設定とかはまったとことか

ソースから入れる方法です。

// 最新のバージョンをダウンロード
# wget http://www.xdebug.org/files/xdebug-2.3.3.tgz
# tar xzvf xdebug-2.3.3.tgz
# cd xdebug-2.3.3/
# phpize
# ./configure --enable-xdebug 
# make
# make install

phpizeで以下のようなエラーが発生する場合

Configuring for:
PHP Api Version:         20090626
Zend Module Api No:      20090626
Zend Extension Api No:   220090626
perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
    LANGUAGE = (unset),
    LC_ALL = (unset),
    LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
    LANGUAGE = (unset),
    LC_ALL = (unset),
    LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").

環境変数を指定あげるとうまくいきます。

# echo ”export LC_ALL=C” >> /root/.bashrc
# source /root/.bashrc 

make installが成功すると以下のようなxdebug.soのパスが表示されます。

Installing shared extensions:     /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20131226/

このパスを元にphp.iniを編集します。
phpinfoを使ってLoaded Configuration Fileに指定されているphp.iniのパスを確認します。
もし指定されていなければその上のConfiguration File (php.ini) Pathのパスのディレクトリ以下にphp.iniファイルを作成します。

php.iniに以下を追記します。

;xdebug
zend_extension=/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20131226/xdebug.so
xdebug.default_enable=1
xdebug.remote_enable=on
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.var_display_max_children = -1
xdebug.var_display_max_data = -1
xdebug.var_display_max_depth = -1

サーバー再起動

# /etc/init.d/httpd restart

phpinfo内にxdebugで検索して何か入っていたらだいたい成功です。

ブラウザ上でxdebugのオレンジ色のテーブルのエラーが表示されない場合、html_errorsがOffになっているかもしれません。

# vi php.ini

html_errors = Off
↓
html_errors = On