読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカンス駆動開発

この前バカンスって言ったら「古っ」って言われました

yumのリポジトリの追加とか設定とか

サードパーティリポジトリを追加する(2016/02/01時点)

// epel
sudo rpm -Uvh "http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm"

//RPMForge
sudo rpm -Uvh "http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm"

// remi
sudo rpm -Uvh "http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm"

//IUS
sudo rpm -Uvh "https://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/ius-release-1.0-14.ius.centos6.noarch.rpm"

他のリポジトリCentOSWikiに記載されています。
AdditionalResources/Repositories - CentOS Wiki

インストールされているリポジトリ一覧を確認する

yum repolist

設定ファイルを確認する

// yumの設定ファイル
/etc/yum.conf

各項目の内容はこちら
2.2 Yumの構成

// リポジトリごとの設定ファイル
/etc/yum.repos.d/*.repo

/etc/yum.confにグローバルに設定して、/etc/yum.repos.d/*.repoで個別に上書きします。

パッケージを探す/パッケージの情報を確認する

// httpdが名前または説明に含まれるパッケージを探す
yum search httpd

// mod_sslについてremiリポジトリを指定して探す
yum search --disablerepo=* --enablerepo=remi mod_ssl

// httpdのパッケージ情報を見る
yum info httpd

// httpd24uのパッケージ情報をIUSリポジトリを指定して見る
yum info --disablerepo=* --enablerepo=ius httpd24u

雑記

基本はコマンド実行時に--enablerepo=xxリポジトリを指定して使っています。複数リポジトリを使用して依存関係が混乱するより、リポジトリは少なくしてリポジトリにないものはソースからビルドするのが良いのかどうかとかその辺りはまだ良くわかっていません。